ヒゲ脱毛のメリット

男性のヒゲは、相手に清潔感を与えるためには毎日剃らなければならず、人によっては1日に2回剃る方もいます。ヒゲが濃い方は、電動シェーバーでは剃り残しがでますから、多くの男性は使い捨てのカミソリで剃ります。しかし、毎日の手間と費用は馬鹿になりません。もし、ヒゲ脱毛が可能なら、髭剃りの手間が省けて、長い目で見れば費用も安くつきます。おしゃれな男性の悩みを解決してくれる方法だと言えるでしょう。

20代男性に人気の脱毛方法ランキング

タオル
no.1

医療レーザー照射脱毛法

レーザー脱毛はメラニンに反応するレーザー光を照射し、毛根自体にダメージを与えます。医療脱毛とも呼ばれますが、レーザーの出力が高いために、医療機関でしか受診できません。脱毛効果は高いのですが、多少の痛みを伴いますから、受診時に詳しい説明を聞いておく必要があります。

no.2

電気式のニードル脱毛法

ニードル式脱毛は、毛穴に直接針を入れて電気を流す方法で、脱毛効果は極めて高いです。毛根自体を破壊しますから、永久脱毛が出来る唯一の脱毛法だとも言われます。レーザー脱毛や光照射脱毛は、毛周期の成長期でないと効果を期待できませんが、ニードル脱毛は毛周期を問わずいつでも施術できます。

no.3

手軽な光照射型の脱毛法

エステサロンで性の脱毛に利用される方法ですが、男性でもヒゲが薄い方には適した方法です。これには2つあり、IPL方式はメラニンに反応する光を当てて毛が抜けるようにします。もう1つはSSC方式で、抑毛効果のあるジェルを塗り、光照射でジェルを浸透させて毛の成長を抑制します。しかし、永久脱毛効果はやや低いです。

自分に合った脱毛方法を選ぶことが大切

ヒゲ脱毛では、自分のヒゲの濃さや肌の状態によって脱毛方法を選択する事になります。ヒゲが濃い方は、レーザー脱毛やニードル脱毛が適しているでしょう。ヒゲが薄い方なら、手軽に受けられる光脱毛がおすすめですので、自分にあった脱毛方法を選びましょう。

注射による麻酔とクリームタイプの麻酔を比較しよう

局所麻酔を注射する無痛方法

ニードル脱毛やレーザー脱毛では少なからず痛みを伴いますから、無痛方法として局所麻酔の注射が用いられることが多いです。注射時の痛みは一時的なもので、効いてくれば全く痛みを感じません。

クリームタイプの表面麻酔

クリームタイプの表面麻酔は麻酔効果は弱めですが、塗るだけなので注射のような痛みはありません。光やレーザー脱毛などに使われます。個人差もありますが、これだけで無痛と感じる方も多いです。

ヒゲで悩んでいる人におすすめ!ヒゲ脱毛で悩みとバイバイしよう

髭を剃る男性

まずはお試しコースを利用しよう

女性のエステサロンでの脱毛と同様に、男性のヒゲ脱毛でもお試しコースを設けているところが多いです。自分のヒゲ脱毛はどれが適しているか迷ってしまう方には良いシステムです。お試しですと費用も安く、実際の脱毛が体験できますから、最初はこちらを試してみるのがおすすめです。この時に色々と質問することができるのも、評価が高いポイントになります。

ヒゲ脱毛の専門医院を大公開☆